榎本晋作プロフィール(ウェブマーケティング講師、ウェブマーケター、ときどき大学講師)

週1で担当させていただいている明星大学での講義中(ブランディング論)の写真
週1で担当させていただいている明星大学での講義中(ブランディング論)の写真

※2020年 3月9日更新

※なるべく初見の方が知りたいことを網羅させていただくため、かつ、「ネット上で榎本晋作について一番詳しいページ」にするため、少し長めになっております。

*まずはスクロールをしていただき、興味のある見出しだけお探しの上、ご覧いただけましたら幸いです。

本ページにアクセスいただきありがとうございます。

ウェブマーケティングの研修/新規事業プロデュース業(およびサイト制作業)を主に行っております、株式会社イーグッドの榎本晋作のプロフィールページです。

■現在の榎本晋作の主な肩書きや業務など

・名前:榎本晋作
・1985年7月7日生まれ(34歳*2020年3月9日現在)
・デジタルマーケター/IT教育者/企業研修講師

■所属/肩書き

「株式会社イーグッドをメインに、3社経営・週一で大学講師」

■現在の主な所属/肩書き
・株式会社イーグッド 代表取締役
・明星大学 経営学部 非常勤講師(『インターネットマーケティング』『ブランディング論』担当)
・合同会社スマイル・テクノロジー(笑一笑技术公司)代表社員(日中テクノロジー商社)
・ランウェイ株式会社 取締役副社長(留学事業)
・エストニア電子国民( e-Residency )
・ウェブマガジン「留学Person」「留学マネー」マガジンダイレクター/編集長
・毎週水曜20時@渋谷のウェブマーケティングスクール『ウェブグッドゼミナール』発起人/代表講師
海外留学体験談インタビューマガジン『留学person』マガジンディレクター
海外留学費用専門サイト『留学マネー』編集長
ストリートアカデミーゴールドバッジ講師
・途上国教育支援NGO『ルーム・トゥ・リード ジャパン』Techチーム
・出版事業部「イーグッド・パブリッシング」編集長(イーグッド社の事業)

 

*会社が手がけている業務が多岐にわたるため、肩書き業務も多岐にわたり申し訳ございません。
興味のあるものだけリンクをクリックして詳細ご覧いただけましたら幸いです。(青文字表記がリンクになります。)

*このページだけご覧になった方は「フリーランスなのかなぁ?」と疑問をもたれるかもしれないのですが、会社経営5年目です。

また、株式会社イーグッドは常時3〜10名前後のスタッフやメンバー、アルバイトが動いているウェブマーケティング会社です。

*教育については、noteにて更新しています。
→榎本晋作の「教え方」に関するnote記事一覧不定期更新

*講演・研修については、講演依頼.comにも掲載いただいてます。
講演依頼.com掲載ページ

榎本晋作の経歴/略歴

毎週水曜20時@渋谷のウェブマーケティングスクール」ウェブグッドゼミナール、マーケティング効果のでるインタビュー記事作成講座の様子

経歴

*「榎本晋作」についてどこよりも詳しいページという方針により、出生からの記載、失礼いたします。(*深い意味はありませんが、キーワードを赤字にしています。)

1985年 両親の出身地である京都府にて生まれる(7月7日)

1990年 父の都合でロンドンへ(アクトン・プライマリースクール)

1992年 ロンドン日本人学校入学

1995年 帰国、世田谷区立明正小学校転入

1998年 日本大学付属第二中学校 入学(野球部所属)

2004年    日本大学付属第二高等学校 卒業 (アメリカンフットボール部)

2007年 国立市議会議員 石井信之氏選挙スタッフ(NPO法人ドットジェイピー経由でのインターンシップ)

2009年    中央大学法学部政治学科 卒業
(国際開発学/人間の安全保障専攻、教育による貧困問題の撲滅を研究していました。)

2010年    株式会社ネットパートナーズ CTO 、独立Web相談所(フリーランス)開業 

2014年    JAPAN AT UK limited社(イギリス現地法人) 留学事業部デジタルマーケティング・事業開発担当

2015年    株式会社イーグッド創業 代表取締役 就任(現職)

2017年    明星大学 経営学部 非常勤講師着任(現職)

2019年    トリップスタイル株式会社 取締役就任(現職)、合同会社スマイル・テクノロジー(中国名:笑一笑技术公司)バックオフィス部長/CMO就任(現職)

2020年    ランウェイ株式会社 取締役副社長就任(現職)

略歴

2009年〜国際開発からデジタルマーケターへ転身〜

中央大学法学部卒業後、友人のベンチャーIT企業を経て、フリーランスとして独立。
セミナー講師、クライアントの新規事業のプランニング(ウェブプランナー)ウェブサイト構築・運用サポートをメインとして活動。

2013年〜イギリスに活動拠点を移す。留学事業立ち上げとブロガー〜

2013年より、イギリスに活動拠点を移す。在英時には現地の日系ベンチャー企業で留学事業部を立ち上げ、1ヶ月で黒字化。広告予算ゼロ、Webサイトの検索エンジン対策(SEO)インフルエンサーマーケティングのみで集客スキーム完成。

また、現地ではブロガーとしても活動。留学情報を発信し続けた『ワーホリ留学ブログ@イギリス』は日本ブログ村アクセスランキング1位獲得(350週連続、現在も継続中)。(※さすがに5年くらい更新していないSEO頼みのブログなので、そろそろ2位以下に陥落すると思います。)

帰国後、電子書籍2冊(『イギリスワーホリ留学ガイドブック』『ワーホリ留学ブログ@イギリス(電子書籍編): 〜体験談でわかる!イギリスワーホリ生活448日!』を出版しAmazonランキング1位を獲得。

2015年5月11日〜日本帰国、株式会社イーグッド創業〜

株式会社イーグッドを創業、代表取締役に就任。クライアントの企業研修業、新規事業のプロデュース業、サイト制作業、サイト運用コンサルティング業を中心に展開。

同年、留学体験談に特化したインタービューサイト『留学person』立ち上げ。同サイトのマガジンディレクターに就任。

2017年〜新メディア立ち上げ、明星大学非常勤講師着任、ウェブマーケティングスクール立ち上げ〜

自社メディア『留学マネー』立ち上げ、同マガジン編集長に就任。

同年、明星大学経営学部にて教鞭を取り始める。1年に担当している学生数は300名を超える。

また、同年8月、「企業の広報、ウェブマーケティング、プロジェクトリーダーって、勉強しなきゃいけないこと多すぎなのでは?」と自らが現場で感じた問題意識から、ウェブマーケティングスクール「ウェブグッドゼミナール」立ち上げ。(*現在まで累計500名以上参加。)

また、コンサルティングやデジタルマーケティング支援業務に加え、企業研修業を強化。社員数20名程度の規模の企業から、一部上場の大企業まで数多くの研修講師やワークショップ講師を担当。

デジタルマーケティングとテクノロジー活用の両面から、日本のIT底上げ教育を行う。

2019年〜新規で数社立ち上げ、事業の幅を広げる〜

本年より研修講師・デジタルマーケティングの研修講師業をメインに、事業家としての活動の幅を拡大。

1月、インバウンド旅行サービス事業会社『トリップスタイル株式会社』取締役就任。

同年、3月、出版コード取得。「世界中の人が変わる”きっかけ”となる本を創り続ける」というミッションのもと、出版事業部「イーグッド・パブリッシング」立ち上げ、編集長に就任。

同年5月、エストニアのe-Residency制度を使い、エストニアの電子国民に。(*現在、エストニア法人設立準備中)

同年、11月、日中テクノロジー商社、スマイル・テクノロジー合同会社(中国名:笑一笑技术公司)を設立、CMO就任。

2020年3月 留学事業会社『株式会社ランウェイ』取締役副社長就任。

■ソーシャルメディアアカウント(※フォローや友人申請可、FBとLinkedinはメッセージいただけるとうれしいです。)

Facebookプロフィールページ

各種ソーシャルメディアのアカウントURLです。

ビジネスユースとプライベートユースどっちもしておりますので、一部プライベートな投稿等で失礼がございましたら申し訳ございません。

*あらかじめ、ご容赦の上、興味ある方のみ、ご覧いただけましたら幸いです。

*なお、フォロー、メッセージ等は原則、開放しておりますので、お気軽に。(Facebookはお会いしたことある方以外は、最初はリクエストよりメッセージだとありがたいです。)

※お仕事のお問い合わせでレスが一番早いのはFBです。

Facebook:Shin.Enomoto(メッセージは友人でなくても全部読んでます)
Twitter:Shinthanks(遊びで使ってます)
Linkedin:Shinsaku.Enomoto(英語使用)
Instagram: Shinthanks

■提供サービス

「研修・ワークショップサービス」「サイト制作」「デジタルマーケティングのコンサルティング業」

など、「企業のデジタルマーケティング・テクノロジー活用力の底上げ」をメインとしたサービスを提供させていただいております。

詳しくは、サービスページをご覧ください。
→株式会社イーグッド(榎本晋作)のサービス一覧ページ

■ウェブグッドゼミナールの過去の講義一覧

毎週水曜20時に開催しているウェブグッドゼミナールの講座一覧です。

*2020年3月現在、コロナウィルスの影響で一時的に開催を延期させていただいております。大変申し訳ございません。

*企業研修は原則、オリジナルのテキストを作成させていただいておりますが、下記の講座内容でしたら、翌日でも対応可能です。

■ブランディング/新規事業企画
1.『明日からブランディングが武器になる!新規事業立ち上げのためのブランディング講座』

2.『正しい顧客ペルソナはこれで作れる!ウェブとリアルのダブルで行なう顧客分析方法 爽快講義!』

3.『応援される事業を作るためのミッション・ビジョン・バリュー完全攻略講座

4.『Webサイト制作前に知らなければならないマーケティングルール解説講座!』

5.『脱マンネリ化!12ヶ月企画/キャンペーン攻略講座』

■ウェブマーケティング

1.『サイト制作会社とちゃんと会話ができるようになる!ディレクター/ウェブ担当者のためのサイト制作/発注基礎知識、完全解説講座』

2.『とことんユーザー目線のサイト改善!ユーザーテスト方法完全解説講座!』

3.『このサイトのここがすごい!事例解説60連発!あなたのサイトをパワーアップ!』

4.『スーパーSEO講座1!どうしたらGoogleで上位表示ができるようになるのか!?』

5.『スーパーSEOテクニック解説講座!2記事をとことん研究し、SEOを極める!

6.『ハイパー・SEO講座!もう文章はデザインをする時代!文章のビジュアライズ化!完全解説講座』

7.『SEOワークショップ!Googleを完全攻略する実行力をつける!』

8.『スマホライティング講座!スマホ時代に抑えるべき25のライティングテクニック完全解説!』

9.『スーパー広報学!自己満足で終わらないウェブ成果に直結するインタビュー記事作成、爽快講義!』

10.『社内ブログ活用講座!販促につながるブログ記事の書き方徹底解説講座』

■スピンオフ
『スピンオフ企画!ゼロから90分でわかる決算書の活用法解説講座!簿記がわからなくても大丈夫!』
『フリーランスのためのセルフブランディング講座』

*講演/セミナー等のご依頼は、お手数ですが、Facebookメッセージ(友人外でも全部読んでます)か、senomotoあっとe-good.jp(あっとを@マークに変えてください)までお送りいただけましたら幸いです。

■榎本晋作のアビリティ(できること)

ここまで会社のサービスについてでしたが、私自身がアビリティ(できること)を紹介します。

※見方(ちょっと専門的になると申し訳ないので☆マークで見やすくします)
☆4,5個=超得意
☆3個=仕事として受けた経験があるくらいできること
☆1,2個=知識や多少の経験値はあってできないことはないし教えられるが、自慢できるほどではない

・テクノロジー講義(☆☆☆☆☆)

・未来社会洞察/経営戦略作成(☆☆☆☆☆)

・SEO(☆☆☆☆☆)*ライティングや設計等、企画等含む

・ブランディング(☆☆☆☆☆)

・講義(☆☆☆☆☆)

・ライティング(☆☆☆☆)*なぜか、ここのNEEDSが多い

・サイト制作(☆☆)*技術

・サイト制作ディレクション(☆☆☆)
星3つ半くらいですが、今は講義で拘束されるのでディレクターを別にアサインするか、アドバイザーで入ることが多い

・サイト設計(☆☆☆☆)*得意ですが、時間がかかるので最近はアドバイザリーに落ち着くことが多いです

・デザイン(☆☆☆)*考えるのみ、作成はメンバーと

・プランニング(☆☆☆☆☆)*ようは戦略作成

・WordPress(☆☆☆)*構築よりは設計が得意

・HTML/CSS(☆☆)*一応、昔はコーディングの仕事をしてたことあり

・企画/キャンペーン(☆☆☆☆)

・アクセス解析(☆☆☆)

・PR(☆☆☆)

・メディア戦略(☆☆☆)マスメディア出演に何回かクライアントをサポートしたことあり

・ウェブ広告(☆☆)

・SNSマーケティング(☆☆)*経験数多いですが、売上あがるまで時間がかかるので結構きつい汗

・オウンドメディア(☆☆☆☆)*まぁまぁ得意。自社でも2つ運営中

・ブログ戦略(☆☆☆☆)*結構経験値がある

・インタビュー(☆☆☆☆)*大物以外

・テクノロジー(☆☆)*現在、誠意学習中、今ブロックチェーンとAIを必死に汗

・英語(☆☆)*たまに英語案件やるレベル

・ガントチャート作成(☆)*普通に苦手・・・

・進行管理(☆☆)*やってたけど、今は任せている領域。

・プロジェクトマネージメント(☆☆☆)*本来5でなければいけないのですが、拘束されてる時間があるので今は5とは言い難い汗(即レスが大事なので)

・Photoshop、Illustrator(☆)*使えるだけ

・経理(☆☆)

・法務(☆☆)*一応法学部出身

・電子書籍出版(☆☆)*できますが、2冊だけの経験値

・海外留学(☆☆☆☆)*イギリスが強め。

※現場で事業家として関わりながら、テクノロジー活用やデジタルマーケティングなどの講師業を行なっておりますので、自分でもできるし、人の能力を伸ばせる教育者的事業家だと思ってください。

*講演/セミナー等のご依頼は、お手数ですが、Facebookメッセージ(友人外でも全部読んでます)か、senomotoあっとe-good.jp(あっとを@マークに変えてください)までお送りいただけましたら幸いです。

*講演依頼.comさん経由でも大丈夫です。
→講演依頼.com(講師、榎本晋作ページ)

■関わっていた(いる)団体とかキーワードとか

さっと、キーワードだけ。

人工知能/5G/ブロックチェーン/Webマーケティング/SEO/ブランディング/テクノロジー/Web戦略/WordPress/Webサイト制作/Webライター/コンテンツマーケティング/YMS/ワーホリ/留学/電子書籍出版/TENOHA DAIKANYAMA/ソーシャルエンタープライズ/明星大学/議論メシ/日本アカデミック・コーチング学会/HUB Islington/HUB Westminster/ロンドン留学/人間の安全保障(ヒューマンセキュリティ)/途上国教育支援NGOルーム・トゥ・リード/チャリティーマラソン大会PARACUP

■発売中の本

アマゾンの書籍販売ページ

これまでに出した本です。

→『イギリス・ワーホリ留学ガイドブック』(Amazon電子書籍、iPhone,iPad,Androidでも読めます。)

→『ワーホリ留学ブログ@イギリス(電子書籍編): ~体験談でわかる!イギリスワーホリ生活448日!~』(こちらも、iPhone,iPad,Kindle,Android対応)

■大学の講義のスライド

20180911明星大学『ブランディング論』講義スライド(講師:株式会社イーグッド榎本晋作) from Shin Enomoto

※ブランディング論の講義スライド(スライドシェア埋め込み、クリックするとめくれます。)

大学の講義なので、学生向けにかなりくだけた感じのスライドですが、もし、ご興味ございましたら、下記のリンクより過去の講義をスライドシェアでご覧いただけます。

→榎本晋作講義スライド(スライドシェア)

仕事の話は以上です!

以下、プライベートも念のため記載しておきます。

*意外にプライベートなことも教えてほしい的な要望が多いのと、ウェブ上で、自分について一番詳しいページにもするためです。

*※若干、くだけた話題もまじっておりましたが「ネット上で一番、榎本晋作のことを詳しく紹介するページ」という趣意をご理解いただけましたら幸いです。

■好きな本

インスタに投稿した写真(なんとなくイメージしやすいように)

一部だけ紹介します。(リンク付きとなしがありますが、深い理由はないです。)

*だいたい年間50〜60冊くらい読みますが、結構忘れやすいので、随時更新します。

*大学時代が学者志望だったので、そっち系の本が多いかもしれません。

【ビジネス系】
経営に終わりはない』 (HONDAの藤沢武夫さん)
『Googleマーケティング』(押切孝雄さん)
『マーケティングの基本&実践力がイチから身につく本』(安原智樹さん)

【哲学系】
『14歳からの哲学』(池田晶子さん)
考える力が身につく 哲学入門(恩師、畠山先生の本)
『正義論』(ロールズ)
『不平等の再検討』(アマルティア・セン)

【開発系】
人間の安全保障 (アマルティア・セン)
貧困の克服―アジア発展の鍵は何か (アマルティア・セン)

【小説】
*最近やっと読み始めたので、そのうち更新します。

【生き様】

『僕は自分が見たことしか信じない』(内田篤人さん)
『棚橋弘至はなぜ新日本プロレスを変えることができたのか』(棚橋弘至さん)
『もの食う人々』(辺見 庸さん)

■好きな映画

最近やっと映画を見始めたので、あまりないのですが、過去におもしろいと思ったものを数作品ほど。

『父親たちの星条旗(硫黄島での戦い)』
『ブラザーフット(朝鮮戦争)』
『リプレイスメント(アメフト映画)』
『ルディ(アメフト映画)』
『ガタカ(遺伝子操作後の世界話)』
『ラブ・オブ・ザ・ゲーム(ケビン・コスナー)』
『アオハライド(*普通に少女漫画が好きなだけです)』

■尊敬する人

【目標(万能型の偉人)】

・レオナルド・ダ・ヴィンチ
・北大路魯山人
・カール・マルクス
・大谷翔平さん
・本田圭佑さん
・高畑勲さん(スタジオジブリの巨匠、宮崎駿さんよりも作品に対するこだわりが強くて好き)

【経営者】

・藤沢武夫さん(HONDA)
・盛田昭夫さん(SONY)
・本田圭佑さん(投資家/ビジネスマンとして)

【講師】

・畠山創(代ゼミ、倫理/政治経済講師)
・諸岡浩太郎(代ゼミ、世界史講師)

【漫画のキャラ】

・坂本轍平(『ファンタジスタ』)
*彼の自由な発想力が好きで、博多弁が移ってしまいました^^;
・矢吹丈(『明日のジョー』)
・茂野吾郎(『MAJOR』)
・沢村栄純(『ダイヤのA』)
*みんなにバカにされながら、ひたむきにエースを目指し努力し続けた姿はすごく勇気もらいました。
・入江直樹(『イタズラなKISS』)
・神楽木晴(『花のち晴れ』)
・シンドバッド(『マギ』)
・アラジン(『マギ』あんだけ人から愛される秘訣を知りたい)
・チョッパー(『ワンピース』*自分の役目を果たすあたりが好感持てる)
・ドラえもん(あまりに献身的にのび太をサポートするあたり)
・スヌーピー(脱力感が参考になる)
・高杉和也(俺たちのフィールド)
・槌矢郡司(俺たちのフィールド)
・入江直樹(イタキス)
・景浦安武(あぶさん)

だいたい、ひたむきに目標に向かって努力してる系が好きで、逆に天才系にはあまり共感しないのかも・・・。

【スポーツ選手】

・上原浩治さん(とにかく逆境への強さは神がかってる)
・川崎宗則さん(賛否両論あれば)
・イチローさん(なんだかんだ、考え方が共感できる)
・CIMAさん(プロレス、上海で戦うあたりがボーダレスでかっこよすぎる)
・T-HAWKさん(プロレス逆水平チョップだけで感動を呼べるのがイケメン!)
・内田篤人さん(サッカー、真面目さが好き)
・長谷川滋利さん(適応能力と頭脳は野球界ではピカイチ)

■【趣味1】プロ野球

イギリスで育ったくせに野球好きです。一応、中学は野球部でした。

10歳の時にロンドンから帰国(英語が苦手な帰国子女)し、初めて野球に出会い衝撃を受ける。

「日本にはこんなおもしろいスポーツがあったのか!」

以来、プロ野球カードをコレクションし始め、部屋はプロ野球チップスで埋もれる。(小学生ながら、カード市場のビジネスに驚愕を覚え参入、1年目はそれなりだったけど、2年で撤退。)

好きな選手:
イチロー、ジョニー黒木、上原浩治、松坂大輔、イチロー、藤原恭大、スティーブン・ストラスバーグ、A・ロッド、ランディ・ジョンソン、デレク・ジーター、野茂英雄、バルビーノ・ガルベス(打者として)、など多数

■【趣味2】プロレス観戦

尊敬する上海進出したプロレス団体「OWE」のスーパーユニット『#STRONGHEARTS』のみなさんと。
尊敬する上海進出したプロレス団体「OWE」のスーパーユニット『#STRONGHEARTS』のみなさんと。

歴はまだ浅いですが、2018年6月よりAmazonプライムビデオの番組『有田と週間プロレスと』を皮切りに、観戦スタートしました。

「プロレスなんて、勝負じゃないじゃん。」

と声高に豪語していたのが、明日のジョーにはまっていた時期で中一の頃なのですが、大人になって、やっと

「あっ、これは技と技、ストーリーと感動を含めた真剣勝負なんだ」

とわかりました^^;

あと、観戦に行くたびに僕の人生で一番欠けていた闘争心を学ぶことができます。

現在、全団体を研究中につき、月に8回は後楽園ホールに行きたい病です。(誰かご一緒しましょう。)

推しレスラーはもちろん(と言わせてください)、チャイナマネーで中国進出を果たしたイケメン軍団『 #STRONGHEARTS 』!

特にT-HAWKさん(元田中将大さんと同じ野球部)で、彼に会いに上海に行きたい次第です。(日本にもいますが・・・。)

なお、一番衝撃を受けたのは年末のみちのくプロレスの『宇宙大戦争』です・・。 (うそでしょ的な・・・)

好きな選手:
CIMA、T-HAWK、エル・リンダマン(#STRONGHEARTS)、ウルティモ・ドラゴン、ジェイク・リー、棚橋弘至。観戦団体(まだ少ない・・・):
全日本プロレス、DDT、みちのくプロレス(宇宙大戦争)、レッスルワン、ノア、Fightclubpro(UK)。

生い立ち(生まれてから今日に至るまで)

大学での講義風景
大学での講義中の様子

最後によくある生い立ちで締めます^^;
(私の事を詳しく知りたいという、奇跡的にレアな方向け。)

・1985年7月7日(生誕)

京都市京丹波町(旧:丹波町)の病院で生まれる。アトピー、食物性アレルギーの治療のために母親奮闘(頭が上がらない。)

・1990年6月(奇跡の生還)

髄膜炎(ずいまくえん)発症のため、医師から最後通告。奇跡的に回復。(生きててよかった。)

・1990年8月〜1995年8月(イギリスへ)

9歳の頃。ロンドンでサッカーやってた時に、元イングランド代表のストライカー「ジェフ・ハースト」さんと。
9歳の頃。ロンドンでサッカーやってた時に、元イングランド代表のストライカー「ジェフ・ハースト」さんと。

父の転勤でロンドンへ。英語できないで放り込まれた海外の幼稚園で苦戦。「日本語教育」を優先。以降、28歳で再都英するまで、英語が苦手科目な帰国子女という矛盾した存在になる。

・1995年8月(日本帰国)

世田谷区立明正小学校入学。初めての日本の学校に苦戦。色々と大変な学校でした。たまごっちのバイヤー(というかブローカー)として、商売を覚えました。

・1998年(中学)

日本大学第二中学入学。野球のルールもわからず強豪野球部に入部。大変でした。生徒会長とかやってた気がします。(政治が好きなのはこの頃から。生徒会長選に勝つために、いろいろな選挙戦術を駆使しました。)

・2001年(高校生)

アメフトの防具着用中。(*高校の時ではなく、20歳の頃に後輩の練習に参加中の写真です。)

エスカレーターで日大二高へ。お笑い芸人オードリーさんと同じアメフト部へ入部(ただし、会った事はない。)

ワタミ系列のファミレスとマクドナルドで人生初めてのバイトを経験。(ただし、小学生の頃のバイヤーの方が圧倒的に時給がよかった。)

高3の6月時点で偏差値は30。

通ってた塾および学校の先生一同に「お前が受験なんて無理だから、おとなしく(付属の大学に)進学しろ」と一般受験を大反対されながらも、「俺は早稲田の法学部に行って、弁護士になりたいんだよ、責任は俺がとるから黙っててくれ」と一般受験を断行。起きてから寝るまで、勉強のみの生活にシフト。

そして、全滅。浪人生活へ。

・2004年(浪人)

代々木ゼミナール立川校。つまり、浪人。人生の恩師「畠山創」先生に出会い、『被抑圧者の視点から世の中を見ることで人は、真実に一歩近づける』という授業方針に強く影響を受けることに。

本当に「教育って人を変える事ができるんだ。」と実感。偏差値は70を超える。

この受験の経験から「夢は原動力にはなるが、実現するには、頭を使わないといけない。まずは、本気で目指せる目標、次に正しい戦い方を自分なりに見つけることが大事。そして、そのためには、指導者の存在が必要。教えるではなく、導く、気づかせる。」と強く学ぶ。この経験は、自分の現在の教育方針や人との接し方に強く影響する。

・2005年(大学時代)

議員インターンシップ先で、お世話になった議員さんと。

中央大学法学部入学。弁護士目指してたはずが、開発学系の道へシフト。アマルティア・センの「人間の安全保障」を専攻。(大層に書いてますが、頭は良くないです。)

1年生の時にバイトとか色々とビジネスして月収50万円達成。ここで時給の限界を知る。2年生以降は色々と病気してたりしたので、結局留学には行けず。

大学院行こうと思ってたので就活せずに、そのままNEETに。

・2009年4月〜8月

一緒にチェンマイを旅したカレンとミシェル

大学卒業したので、とりあえず外に出る事に。8月まで本気でNEET、毎日高円寺とかで野球してました。

・2009年11月〜2010年5月

意識の高いNEET時代に出会った学生起業家たちのビジネスを手伝う事に。

初の仕事が株主総会だったような。そのあと、フリーランスに転身。

・2010年5月

フリーランスになる前に「某NPOの代表理事になりながら起業を学ぶ」という話をいただくも諸問題でまさかの解任。再びNEETに。

運よく色んな話をいただくが「俺、やっぱ誰かに頼るとダメになるから、自分でやるよ。それで1年以内に成功して海外に行く」と宣言し、フリーランスに。

世の中そんなに甘くはなく。。。

・2010年6月12日〜フリーランス時代

この頃からセミナー講師や研修講師をさせていただくことに

フリーランスとして活動開始。独立Web相談所という屋号を構える。前職の強いコネがない独立だったので、めっさ苦労しました。(スキルも足りず。)

裏付けも何もない自分でも、しっかりとした法人様ばかりと取引できたのがめちゃくちゃ運がよかったです。

・2013年11月〜イギリスへ〜

イギリスで働いた29歳
イギリスで働いてた29歳

何のあてもなくイギリスにてフリーランスとして活動。日系企業にて留学エージェントの立ち上げ、ブロガーとして電子書籍を発売。

英語もまともにできない状態から、カバン3つだけ持って、あてもなく、学校も通わず、就労ビザだけ持ってに過ごしたイギリス生活は、人生で一番自分を鍛えられた気がします。

・2015年2月〜日本で会社設立〜

企業研修中。

「留学経験者の体験談を届ける事で、海外に行く日本人を増やしたい」と思ってウェブマガジン『留学Person』を立ち上げ。

「やっぱ、マジでやるなら会社必要でしょ?」と思い、株式会社イーグッドを設立。予想より資本金少なくて最初から窮地の追い込まれる。

過去の経験から「黒字サイトならまかせろ!」という方針で、ウェブマガジンやウェブマーケティングのプロデュース業や制作事業を行う。

・現在

大学の講義中。最初は社会人に教えることとのあまりの違いにとまどいましたが、最近は大講義型の双方向性講義の方法論がやっと開発できてきました。

大学講師や企業研修講師をしつつ、ウェブマーケターとして会社経営に従事。(それも立派なものではないですが^^;)

「等身大の自分で誰かの人生が進むきっかけになりたい」

その想いで、日々仕事をさせていただいてます。

決して能力的にもスキル的にもスペック的にもすごい人間ではないのですが、自分の中にある

「世界中の人が変わる”きっかけ”を創り続けたい」

その想いと自分の中にある小さな「ともし火」だけを大切に今後も歩み続けていきたいと思います。

・そのほか、近況index【2019年8月12日追記】

カンボジア「キリロム工科大学」の学生たちと

1.【2019年2月】IT系スタートアップ企業トリップスタイル株式会社に取締役兼デジタルマーケティングマネージャーとして参画
2.【2019年4月】カンボジアのスタンフォード大学キリロム工科大学出張
3.【2019年4月】出版コード取得/イーグッド・パブリッシングスタート(紙の出版事業参画予定)
4.【2019年4月】講演依頼.com掲載開始
5.【2019年5月】コラム「ウェブマーケティングに強い社員の育て方」配信開始@講演依頼.com新聞
6.【2019年7月】ウェブグッドゼミナールにて、ワークショップコーススタート
7.【2019年7月】ストリートアカデミーにてゴールドバッジ講師認定

ここまで、本ページをご覧いただき誠にありがとうございました。

こちらのページ、もしくはリアルでの出会いもおそらく、何かの”きっかけ”かもしれません。

重ね重ねになりますが、本ページをご覧いただき誠にありがとうございました。

その”きっかけ”がなにかの縁になり、今後、もし、ご一緒もしくはお話させていただく機会になりましたら、私としてはとても大変光栄です。

2020年2月20日
榎本晋作